MENU

正社員・派遣・医師・看護師の転職〜あなたの転職理由は?

あなたの転職理由はなんですか?
人間関係が良い所に行きたい、給料アップしたい、田舎に帰る、都心に出る、勤務時間・勤務形態を変えたい、再就職、など様々だと思います。
正社員・派遣、医師や看護師転職をサポートする転職サイトは数多く存在しますね。 ランキングを見ても様々で結局どれがいいのか分からない…。
どこのサイトがいいのか分からなくなったら…

複数の転職サイトに登録してみる

転職サイトへの登録は無料です。 各転職サイトで紹介している病院・クリニックが違うこともあります。 それぞれにウリや強み、スタッフの対応・技量も違ってきます。 あなたとの相性もあります。 2〜3の転職サイトに登録して、スタッフとのやり取りから絞っていくのもありだと思います。

求人数が多い所

求人数が多い所にこしたことはありません。 そういった所は、非公開求人も多数あるでしょうから、選択肢が広がります。

会員向けのサービス

転職サイトによって、履歴書の書き方や面接対策など様々なサービスを用意しています。

転職お祝い金・アフターフォロー

お祝い金が出る転職サイトもあります。 転職したら、はい、終わり、ではなく、アフターフォローまでしてくれる所だと安心でしょう。

 

 

正社員・派遣の転職〜おすすめ転職支援サイト

リクナビネクスト JAIC(ジェイック) IT転職ナビ

リクルートが運営する転職、中途採用、求人情報サイト。

20代の既卒・フリーター・第二新卒の転職支援では実績ナンバーワンのジェイック。
就職成功率80.3%!就職後の定着率94.3%!
就職後も手厚いフォロー!ビジネスマナーや面接対策などプロの講師から無料の就職支援講座もあります。

日本最大級のIT・Web・インターネット・ゲーム業界の求人に強い転職情報サイト。
主要転職サイトのエンジニア、デザイナー、Webディレクター、IT職種、ゲーム職種の転職・求人情報を検索・応募できます。

転職サイト@type インテリジェンスの派遣

キャリアデザインセンターが運営する転職サイト。
キャリアアップに役立つ転職メールサービスや、市場価値が分かる診断テストをはじめ、多種多様なコンテンツがあります。
今すぐ転職する、転職するのはもう少し先という人もキャリアアップのために活用してみてください。

IT・エンジニア派遣に特化した転職支援サービス。
希望に合わせて、Web上で派遣登録が完了し、お仕事紹介が受けられる「オンライン登録」と
インテリジェンスのオフィスでスタッフ登録会に参加する「来社登録」の2つの登録方法が選べます。

 

▼ 転職サイト@typeの転職力診断テストはこちら ▼

 

▼ Facebookを活用した新感覚スカウト転職サイト ▼

医師の転職〜おすすめ転職支援サイト

 

M3 CAREER AGENT 医師転職ドットコム

「M3 CAREER AGENT」は医師の会員数が数ある転職エージェントの間で最多。 優秀なエージェントも多く、独自の細かい調査でしか得られない病院の内部事情など情報収集力は抜群です。 求人数も多いのであなたの希望に合った条件が見つかりやすい。
転職未経験でも専任のコンサルタントがしっかりとサポート。 ここから転職に成功した医師の約90%は非公開求人なのだそうです。 M3のサイトで検索も可能ですが非公開求人を数多く保有しています。

平均年収アップ率は146.6%、希望条件達成率は94.7%を実現している「医師転職ドットコム」。 業界最大級の求人数(39,480件以上 ※独占・非公開求人 10,000件以上)を有しています。
提携医療機関は6,980施設以上、医師転職紹介実績11,000名以上。
すべて無料で、求人探し〜キャリア相談〜応募〜面接〜条件交渉〜入退職の手続きのサポートを受けられます。

リクルートドクターズキャリア MCドクターズネット

リクルートの医師専門転職支援サイトです。 経験豊富な専任コンサルタントが親身にあなたの転職をサポートします。
常時1万件を超える非公開の求人情報!転職といえば、リクルート。 認知度は抜群です。

口コミ実績がNo.1のMCドクターズネット!全国15拠点で展開しているため、地方ニーズにも対応しています。
専任のコンサルタントが書類作成、面接同行、給与交渉全て対応します。 求人も1日からのバイト〜転職求人まで豊富で良質なものが多く、掲載したらすぐに問い合わせが殺到する求人も多くあります。

 

▼ 40代50代60代の医師の転職はこちら ▼

 

株式会社メディウェルが提供する40歳以上の医師限定 の転職支援サービスです。
これまで20,000名以上の医師にご利用いただいた実績のあるメディウェルは、先生方の年齢別のニーズを調査し、40歳以上の医師に特化した転職支援です。
登録・申込み後は専門知識豊富な専任コンサルタントが、希望を最も叶えられる転職先を個別に探し出して提案します。

看護師転職〜おすすめの転職サイト5社

 

ナースではたらこ ナースフル MCナース

★ 日本最大級「9万件の医療機関情報」掲載

 

★ 看護師人材紹介「満足度No.1」(楽天リサーチ調べ)

 

★ 常勤・非常勤どちらもご紹介可能

 

★ ネットには出ない非公開求人多数

 

ナースではたらこ詳細

★ 年間100万人以上の転職を支援しているリクルートが運営

 

★ 高給与、好条件の病院常勤求人が豊富

 

★ 上京したい方へのサポートも充実

 

ナースフル詳細

★ 利用者満足度95%以上

 

★ 友人紹介実績 No.1

 

★ 求人数20,000件以上

 

★ 会員数は90,000人以上

 

★ ツアーナース・健診などの派遣案件、夜勤の無い企業求人、企業や学校の案件が多数

 

MCナース詳細

ジョブデポ〜看護師の転職 看護のお仕事

★ 最大40万円のお祝い金

 

★ 8万件以上の求人件数

 

★ 給与や勤務時間などはすべてジョブデポが交渉

 

ジョブデポ〜看護師の転職詳細

★ 12万件以上の事業所情報

 

★ 職場の内部情報に詳しい

 

★ 転職お祝い金最大12万円

 

★ サービス満足度、コンサルタント満足度、友達に勧めたいランキング1位

 

看護のお仕事詳細

看護師転職の方法

看護師の方が転職する方法にはいくつかあります。主なものは以下のような方法があります。それぞれの方法について、メリット、デメリットなどをお話しします。

 

ハローワーク

この最大のメリットは地域や地元の求人が見つけやすいことです。またハローワークで失業保険の申請をしていれば、就職活動としてお認められやすいでしょう。看護師専用の求人窓口があるハローワークなどもあるところもあります。デメリットとしては、基本的には紹介してもらうのが主な目的です。詳しい職場環境などはわかりません。そしてハローワークには求人を出していないところも多いです。

 

転職エージェント

これは看護師の人材紹介会社に登録して、その転職エージェントから紹介や転職サポートを受けることです。この方法のメリットは、なんといっても転職までの総合的なアドバイスや支援が受けられることです。転職エージェントの担当者との面談で自分の希望なども聞いてもらえるので、それに応じた転職先が紹介してもらえます。そして応募や面接のアレンジもしてもらえるのも良い点です。転職先の詳しい情報も得られるし、担当者を通じて質問や交渉なども可能です。デメリットとしては、人気の転職先は競争が激しいです。そしてこれもすべて担当者次第になることがあります。

 

同期の看護師や知り合い

この方法のメリットは、知り合いを通じて詳しい転職先の話が聞けて、情報の信憑性という点では一番安心できる方法です。紹介や縁故があれば採用もされやすいかもしれません。デメリットとしては、万が一、自分に合わなかった場合、退職しづらいことなどがあります。

 

新聞広告や求人誌など

これは、地域や地元の転職先が見つけやすいのがメリットです。デメリットとしては、電話で問い合わせるなどして、応募までに時間がかかることがあります。そして給与などの詳細は要相談、経験に応じるなどとはっきりと書かれていないこともあります。

 

転職サイト

ホームページなどから看護師の人材紹介サイトへ会員登録して、個人情報を入力できるシステムです。応募がホームページからでできる便利な方法です。
転職サイトのメリットは、その求人数の多さ、たとえば期間、形態、勤務条件などさまざまな種類から選択できることです。正社員、アルバイト、派遣など、様々な看護師求人が集約されています。そして看護師転職サイトのいくつかは、求人の紹介だけでなく、転職するまでのコーディネートも行っています。さらに転職後のアフターフォローもしてもらえるところもあります。デメリットとしては、看護師転職サイトは近年かなり数が増えています。それぞれのサイトによってかなりサービスが違うので、自分に合うサイトを探して、良いサイトで転職活動をするのが最適です。

 

看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|看護師 転職|

高校に進むときに衛生看護科で勉強を初めると、国家試験の受験資格を他の方法よりも早く手に入れられるため、最速で看護師になれるでしょう。ただ、途中で進路変更を考えても変更は困難です。また、最低5年で試験を受けられますが、短い準備期間のために試験にむけた勉強や実習が不足するために合格するのが難しいともいえます。

 

看護専門職がちがう職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志願の根拠です。どうしてこの仕事場がよいのかを好印象となるように示すのは簡単ではありないのです。高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですがそうした好待遇にフォーカスするより、ナースとしてスキルアップしたいといった、将来性を連想指せる志願内容が比較的合格へ近づきやすくなります。

 

産業看護師は従業員の健康が保てるように保健の指導などをしたり、うつ病防止のメンタルケアも行ないます。産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのは不可能だと思います。興味がある人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。そういったサイトでは、産業看護師の求人も数多く載っています。

 

看護師のためだけの転職サイトには、祝い金をもらえるサイトが存在します。転職することでお金をくれるなんてラッキーですよね。しかし、祝い金を受け取るための条件がほとんどの場合にあるのですから、申し込みの前に確認をしておくようにする方が損しないのですね。それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方がその他のサポートが良いこともあるのです。看護師が転職する際の要領としては、次の職場を捜しておいてから辞めるようにした方がいいでしょう。加えて、3ヶ月程掛けて注意深く確認して新たなシゴトを見つけることを勧めます。先走って次の仕事へ行くと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望する条件に適した仕事を注意深く確認し捜すようにしましょう。

 

以上から、自らの希望の条件を明白にしておきましょう。看護専門職がちがう仕事先に変わる時も、十分な対策を必要とするのが採用面接です。面接担当者に嫌われると、看護職員を望む職場が多い現状でも落とされることもあるでしょう。当然の事ながら、待遇が良い勤務先は応募者数も多くなりますから、緊張感を失わず不足なく対策をたてて採用面接に向かうことが大切です。場に似つかわしい端正な装いで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。

 

看護師免許を得るには、何通りかの道すじがあるでしょう。看護師免許を手にするためには、国家試験を受ける必要があるのですが、いきなりは受験できないのです。試験を受ける資格を手に入れるためには看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して学ぶことが必要だという理由です。

 

看護師の転職しようとする動機としては、人間関係が難しいからという方がたくさんいます。女性の多い職場ですし、イライラしやすいこともあり、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。一部には、パワハラやいじめが転職を考える理由という人も存在します。辛い環境の中を耐え忍んではたらこうとすると、健康を損ないますから、できるだけ早く転職すべきです。やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあるとマイナス評価となるのかというと、必ずそうだとは言うことができないのです。自己PRの方法を工夫すれば、経験が豊かで意欲があるといった印象にもっていくことも可能でしょう。けれども、働いている年数があまりにも短いと、採用し立としても少ししたらまた辞めてしまうのではないかと思われる場合もあるでしょう。

 

看護師のはたらき先といえば、病院だと思うのが一般的でしょう。しかし、看護師の資格を活用できる職場は、病院以外にも多々あるのです。保健所で保健師の方と連携して、地域の住民の色々なヘルスケアをするのも看護師の職務です。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、大概の医療行為を看護師が行ないます。看護師産業看護師とは、企業を職場とする看護師をさします。看護師といえば病院、クリニックの印象が強いですが、医務室を設置している会社もあって、そこで仕事をしている人もいます。仕事の中身や役割は勤務会社により多様ですが、従業員の健康を守って、管理していくのは基本的な仕事と考えてください。

育児のために転職する看護師も少なくありないのです。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、出勤日が少ない職場での勤務だったりがいいでしょう。子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もいますが、子育てをするにはお金がないといけないのですから、資格が活用できる転職先を捜してみましょう。

 

昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設などでもニーズが増してきているのです。また、大手の会社になると看護師が医務室などにもいて、健康診断や健康相談、そして、ストレスなどのメンタルケアを実施しています。こういった場合には、社員としてその会社に入社することもあるでしょう。看護師の勤務体制は、他の職種にくらべるとおもったより特殊であり、その上に職場によっても異なってきます。一般に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれている事が多いです。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、3交代制を取り入れている病院が多いです。でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制を望む看護師も多いです。

 

看護師が上手く転職するためには、将来のことを思い描いて迅速に行動することが重要です。また、どんな点を重視するのかを決定しておいた方がいいでしょう。将来どうなりたいかをきっちりと考え、そのビジョンに合致した転職先の情報をちょっとずつ集めてください。年収はもちろん、職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件も考慮しておきましよう。修学旅行やツアーなどについていって、怪我や病気の応急処置、何かあっ立ときの病院の手配をする看護師もいます。

 

結婚していて、子供がいたりする人は週末に休めたり、夜勤をしなくてもいい職場を求めています。病院ではないところで働くのであれば、そこに適した専門の知識を有している認定看護師や専門看護師の資格を取得していると、雇用への道が近づきます。看護職の人がよりマッチした仕事を捜すなら、第一に待遇で何を重視したいのかを明らかにしておきましょう。ナイトナースはできない、充分な休みが欲しい、出来たらお看取りの場は避けたい等、個々の状況によって優先したいことも違ってきます。看護職は慢性的に人が足りず仕事は幾らでもあるのですから、ストレスのたまる勤務場所で我慢して勤める必要はないのです。看護士になりたい理由は何がきっかけで実際に看護師を目さすようになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の時の理由は今までに培ったスキルを活かしたいもっと誰かの役にたつスキルを身につけたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。前の職場の批判や陰口は口にしないことが大切です。

 

結婚と同時に転職を考える看護師も非常に多くいます。配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職する方がいいでしょう。いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚を機に自由時間を多くとれる職場に転職するのが楽ですね。イライラが多くなりがちだと子どもがなかなかできなくなってしまうので、注意するようにしてください。全国の看護師年収は平均437万円程度です。しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員勤務のため、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。公務員看護師は給料が上がる率も民間の病院より高くて、福利厚生も充実しているのです。準看護師の場合ですと、看護師にくらべて、平均年収が70万円程度低くなります。当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとることが可能です。国の指針では、月に8回までとされていますが、それを超えることが多いのが現状です。勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活ができなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が長つづきしない理由の一部と思われます。

 

ナースがシゴトを変えるキッカケとしては、キャリアアップを挙げるとよいでしょう。前職のことを引き合いに出して、立とえばスタッフの雰囲気がよくなかっ立とか、不利な条件で働いていた等々、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、よくないイメージを相手方に与えてしまいます。たとえ本音がそうだとしても真意は胸の内だけでよいので、ポジティブな印象を与える応募動機を言えるように準備しておきましょう。

 

看護職員の方がシゴトで転機だと感じたら、インターネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には紹介されないことが少なくありないのです。一方、看護職に特化した人材派遣サイトでは、限定公開の人材募集をチェックできるのみならず、ある程度、働く人たちの傾向をつか向こと等も可能です。言いにくい待遇などの条件のすり合わせを依頼することも可能です。専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。ですが、苦しみながら看護師資格を取得したのですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。おもったより異なる職種であっても、プラスになるところは非常に多いです。大変な思いをして取れた資格なのですから、有効に使わないのは損をしますね。キャリアアップを志して転職する看護師も少なくありないのです。スキルを高めることで、収入を増やすこともできるでしょう。看護師のシゴトは職場次第で変わってくるため、自分がぴったりだと感じるところを見つけられるといいですね。内科の外来が合うと感じる人もいれば、特養が適している人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。

 

看護職の人のジョブチェンジにおいて適時としては、大半の人は賞与が出てから退職するため、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来るシゴト場が見つかるよう、どこの職場が良いか90日間は余裕をもって、落ち着いて情報蒐集するのが安心です。とにかくすぐジョブチェンジを、ということでないのなら、人材募集が増加してくるタイミングまで様子を見るのがベターです。

 

ナースがシゴトを変えるに当たって窓口としては、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのがマジョリティと言えるようになってきました。看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートの利点をいかせば、金銭的な負担もなく、気になったらその場ですぐ人材募集の要項などの情報を検討することも可能です。職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、リサーチが重要ですので、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてちょうだい。看護士の求人情報は豊富にあるのですが、希望に見合う条件の求人が存在するとは限りないのです。看護師の資格をもつ人で就職出来たらいいと思う方は少ないでしょう。できるだけ給料が高くて職場の環境が良く、夜勤のないところではたらきたいとほとんどの方が思っています。希望に合う勤め先に転職するためには、情報の蒐集が重要になります。看護師国家試験に合格するよりも、看護学校を無事に卒業することの方が難しいことだという人持たくさんいます。看護学校というのは、とても厳しいらしく、レポートの提出がちょっとでも遅れたり、テストに落ちるなどの些細なことでも留年指せてしまうようです。それほどに厳しい学校を卒業し、看護師国家試験にも合格した人は、ぜひとも看護師のシゴトについて欲しいものですね。看護師となるための国家試験は、年に1度あるのです。看護師の人数の不足が問題視されているわが国にとっては良いことに、ここ数年における看護師資格の合格率は90%前後と非常に高いレベルを推移しています。看護師資格を得るための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることが出来たら合格できる国家試験です。